ベンチャーの情報収集を成功させる3つの仕組み

  • 圧倒的な情報量1万社を超えるベンチャー情報

    取得の難しいベンチャー企業の情報を網羅。事業概要はもちろん、資金調達、提携先、関連ニュースなどをワンストップで収録。
  • 高い正確性国内主要VCの協力により品質を担保

    10以上の国内主要VCからの情報提供(非公開)や、登記簿や官報を含む多様な情報収集により正確性を担保し、官公庁や各種メディアの主要な情報源として採用。
  • 優れた検索性ベンチャー探しに特化した様々な検索機能を搭載

    求めるベンチャーを絞り込む条件検索、機械学習により生成したキーワードを活用した連想検索、マクロ動向をつかむベンチャーマップなど、多様な探し方を実現。
       
マネージング・パートナー
仮屋園聡一 氏

グローバルな産業競争がイノベーション競争と同義となった今、ベンチャーおよびベンチャーキャピタル産業のデータ整備は日本の産業界および大企業にとっても火急のニーズです。
データには、網羅性、正確性、情報深度等が求められると思います。アントレペディアは日本のベンチャーファイナンスについて前出要件を満たす唯一無二のVBデータベースです。我々VC業界も大いに信頼、利用させて頂いています。
願わくば、事業情報、技術情報、更には人事情報などを拡充頂き、未公開企業DBのデファクト、プラットフォームとして進化を遂げて頂きたく、大いに期待しています。

グロービス・キャピタルパートナーズ

  • 業界ごとの資金調達動向を
    ビジュアルで把握できる

    HealthTech、ロボット、AdTech、FinTechなど、業界ごとの規模(資金調達額・社数)をビジュアライズ。どの業界に資金が集まり、どんなプレイヤーがどれだけ存在しているのかを容易に掴むことが可能です。

  • 散在する情報を一覧し
    成長度合いを理解できる

    資金調達、従業員数、提携実績、関連報道など、様々な指標がまとまっており、ベンチャーの成長の度合いを把握・比較することができます。

  • 関連キーワードによって
    簡単にベンチャー調査が可能

    機械学習により生成した関連キーワードの活用により、より細かな技術・領域に掘り下げてベンチャーを探することができます。

  • 似ているベンチャーを
    一目で比較できる

    弊社独自のスコアリングにより類似するベンチャーを一覧表示でき、あるベンチャーの相対的な位置づけを把握することができます。

FAQ

よくあるご質問

  • どのようなベンチャー企業が収録されていますか?

    「成長型ベンチャー企業」を収録対象としており、VCから調達を受けたベンチャーや、その他独自の収録基準(テクノロジー、ビジネスモデル、投資などの観点に基づく)に合致した企業を収録しています。従来の企業情報調査会社が提供する「未上場企業」とは母集団が異なっており、「成長型ベンチャー企業」について調査したいお客様に最適です。

  • どのようなユーザーが利用していますか?

    投資案件のソーシングに役立てたいVCやCVC、M&A、事業提携、営業・マーケティング等を目的とする事業会社、ベンチャー動向の調査を行いたいシンクタンク・コンサルティングファームなど、80社を超えるお客様にご利用頂いており、国内ベンチャー調査ツールのスタンダードの地位を確立しています。

  • ベンチャー企業、投資家、ラウンドなどは何件ぐらい収録されていますか?

    ベンチャー企業は10,200社(うちIPO済みが960社)、投資家(VC及び事業会社)は8,800社、ファンドは1,900本、ラウンドは51,000件、人物は13,000名を収録しています。(2017年4月現在)

  • どのような情報源を用いていますか?

    ベンチャーに関する様々な公開情報を情報源にしています。1日1,000件の各種ニュースの他、ベンチャーやVCなどの公式ウェブサイト・プレスリリース、登記簿、官報などです。